ラブ・オーバー・ヘイト
ネガティブな印象をもたれてしまった企業が(よい印象を取り戻すために)ポジティブなインパクトの強い施策を思いきって打ち出すこと。
シャンテリークリーム
chantilly cream
泡立てたクリームのこと。クレームシャンティ。
河谷
かこく
河が浸食されて生じた谷のこと。
柳に風
やなぎにかぜ
強い調子で接してくる相手に対して、(動じずに)軽活に対応すること。
ラウルスノビリス
laurus nobilis / bay tree
食材のくさみを消すために用いられる月桂樹(ローリエ)のこと。
回内
かいない pronation (of forearm)
てのひらが下に向くように腕を回転させること。
耳年増
みみどしま
(おもに性的な知識に関して)経験がともなわずただ情報通になっているだけの女性のこと。
一杯機嫌
いっぱいきげん
ほろ酔いで陽気なこと。
単一論点政治
たんいつろんてんせいじ single issue politics, one item politics
重要だと思うひとつのトピックの賛否だけに特化した政治のこと。ワンイシュー政治。
PL花火
ピーエルはなび
関西のパーフェクトリバティ教団という宗教団体によってあげられる(日本有数の)花火のこと。
恒星原板
こうせいげんぱん/ - ばん starfield plate
非常に細かい穴に光を透かすと無数の星が投影できる(直径数センチの)プラネタリウム用のプレートのこと。
クリクラ/クリニカル・クラークシップ
clinical clerkship, CCS / Poliklinik
(見学型の病院実習ではなく)実際に学生が医療現場のチームに入って学ぶ研修システムのこと。
カオスエンジニアリング
chaos engineering
(システムのトラブル対応を強化する目的などで)わざと自社のシステムにバグなどを生じさせる開発方法のこと。
稼得
かとく earning
働くことでお金を得ること。
ブリーチャーズ
bleacher
布や麦を漂白するひとのこと、転じてスポーツのスタンド席で観戦しているひとたちのこと。
ラウンドアバウト
roundabout
(ぐるっとまわることで目的の道に曲がるタイプの)丸い交差点のこと。環状交差点。
移動遊園地
いどうゆうえんち traveling carnival / fête foraine
(スイスやフランス、ドイツなど)ヨーロッパでよくみかける伝統的な遊園地のこと。
天幕
てんまく tent
テントのこと。
可撓性
かとうせい (flexibility)
ものに力を加えてもポキッと折れない性質のこと。
国際取り
こくさいどり
(マラソンにおいて)国際大会で走るために必要な完走記録を残すこと、またそのタイムをもって参加資格を取得すること。
ボトルネック
bottleneck / hot spot
(「ビンのくび」という意味で)スピードの度合いを決める小さな要素や部分のこと。転じて、物事の進捗などを減速させているもののこと。
濫觴
らんしょう
起源とみなされるもののこと。
サムホール
thumb-hole
親指をいれて用いることができる日本サイズのスケッチ箱(キャンバス)のこと、あるいはそのサイズの絵画作品のこと。
至当
しとう
極めて当たり前であること。
フットパス
public footpath
地域の自然をたのしみながら歩くことができる(指定された)道のこと。
不育症
ふいくしょう recurrent miscarriage
(身体や遺伝などの影響で)流産を繰り返す症状のこと。習慣流産。
マッチポンプ
マッチで火をつけてじぶんで消火すること、あるいは自作自演のトラブル劇で利益をあげようとすること。
ピグメント
pigment / lake
顔料のこと、あるいは水に溶けない色素のこと。
自然人
しぜんじん Natürliche Person
法律において(権利能力[けんりのうりょく]をもっている)ひとりのひとであること。
カラフトししゃも
capelin
本シシャモの代わりに食べられる別種のシシャモのこと。カペリン。子持ちシシャモ。
カップ切り
カップぎり cutting cups / cut a cup on a golf course green
ゴルフのゴールとなるちいさな穴(カップ)を切りだしてつくること。
接道義務
せつどうぎむ
建物は、横幅4メートル以上の道路に対して、2メートル以上は接していないといけないという決まりのこと。
照り焼き
てりやき teriyaki (sauce)
(糖分がテカテカした)醤油ベースのタレを用いた日本料理の調理法のこと。
有限責任事業組合
ゆうげんせきにんじぎょうくみあい Limited Liability Partnership, LLP
はじめるときにそれぞれが出したお金だけの責任をとればよく、稼いだ分の税金は個人個人で払うタイプの(会社みたいにビジネスができる)組合のこと。
手過ち
てあやまち
(やや古いことばで)失敗や過失、またそれによる出火のこと。
間店
あいだみせ
高級割烹(こうきゅうかっぽう)と居酒屋のいいところをとったお店のこと。
EP
イーピー Extended Play, EP, E.P.
CDのシングルよりも曲数が多く勝負曲を詰め込みやすい形式のこと。
バスタード
bastard
(失礼なニュアンスで)親が結婚していない子どものこと。転じて、ニセモノのこと。
フライング拍手
フライングはくしゅ (inopportune applause)
(おもにクラシック音楽のコンサートで)楽曲と楽曲のあいだ、あるいは指揮者が余韻をたもっているうちに迷惑な拍手をすること。
好事家
こうずか
物好きなひとのこと。
ディエジェーズ
diégèse / diegesis
映画における虚構世界のこと、あるいは映画のなかにしかない現実のこと。
グループホーム
group home
生活困難なひとたちがケアの専門スタッフの援助とともに一般の住宅に住まうこと。
出藍の誉れ/出藍之誉
しゅつらんのほまれ
(藍草よりも藍草から染めたもののほうが青いことから)師匠よりも弟子のほうが優れること。
開封の儀
かいふうのぎ unboxing
購入した製品や商品を(インターネットなどで)開封してみせること。
もくもく会
もくもくかい
何人かであつまって、それぞれのやりたいことをもくもくと進める会のこと。
往時
おうじ
過ぎ去った時間や過去のこと。
As is, To beモデル
アズイズトゥービーモデル
いまあるすがた(as is)と、なるべきすがた(to be)を比較して、課題を浮き彫りにする考えかたのこと。
データの水増し
データのみずまし data augmentation
コンピュータがいろいろなデータをもとに学習するさい、(不完全なデータからでも正解を導けるように)おなじデータに加工を施してデータ量を増やすこと。
律速
りっそく bottleneck
速さに影響するもののこと。ボトルネック。
洒落のめす
しゃれのめす
シャレを言いすぎること、あるいはなんでも冗談にしてしまうこと。
テンプス・フギト
tempus fugit
(ラテン語の教訓で)時は逃げるということ。
小緑人
シャオリューレン/しょうりょくにん
台湾の信号機に登場する緑色のキャラクターのこと。
アクチュアリー
actuary
(生命保険や損害保険などにおいて)不幸な事故が起こってしまう確率を計算し、その確率にもとづいて掛け金などを算出するひとのこと。保険数理士(ほけんすうりし)。
著大
ちょだい
非常に大きいこと。
メセナ
mécénat
大きな組織が文化を守る(活動をする)こと。
外商顧客
がいしょうこきゃく
デパートにおいて、とくべつな関係を築いたお金持ちのお客さんのこと。
機械遺産
きかいいさん Mechanical Engineering Heritage
2007年にはじまった械技術にまつわる歴史遺産の国内制度のこと。
みみ
紙を漉(す)いたときに生じるふわふわ・とげとげのこと。耳付き和紙。
クラインガルテン
Kleingarten / Schrebergarten
(ドイツや日本で)賃貸できる市民農園のこと。
一夜城
いちやじょう
敵の城を攻めるために一夜のような速さで建てたと言われている(伝説の)城のこと。
ダイマ/ダイレクトマーケティング
direct marketing
顧客に直に接して、ひとりひとりに最適な絆を築いて販売すること、あるいは宣伝とバレないように宣伝するステルスマーケティングではないこと。
欺罔
きもう/きぼう
ひとをあざむいてだますこと、あるいは詐欺行為をはたらくこと。
PCIデータセキュリティスタンダード
Payment Card Industry Data Security Standard, PCI DSS
クレジットカード情報や取引情報を守るために(マスターカードなどの五社が定めた)セキュリティ基準のこと。
プラント
prunt
ガラス器などに溶着させた突起のこと。
ダンジョン
dungeon / donjon / dongeon
地下牢、地下納骨堂のこと。日本では地下迷宮、複雑な駅などのこと。
考量
こうりょう
ほかのことを(判断のために)考えのなかにいれること。
釣果
ちょうか
釣りの成果や量のこと、あるいは釣りで捕獲した獲物のこと。
デマケーション
demarcation
区画や管轄(かんかつ)の線引きのこと。
耳朶
じだ/みみたぶ
耳や耳たぶのこと、転じて聞き及ぶこと。
ケーシング
casing
(ドア枠やソーセージの皮など)包装、枠、囲い、皮膜のこと。
甘酸辛苦渋
かんさんしんくじゅう
(五つの)基本的な味のこと。
強迫的ホーディング
きょうはくてきホーディング compulsive hoarding / hoarding disorder
じぶんの住んでいるところに大量の物を集めこむことをとめられないこと。ホーディング障害。
雪見露天
ゆきみろてん
雪が見られる露天風呂のこと。
ランバーダ
lambada
二十世紀後半に世界中で流行した南米発祥のセクシーなダンスのこと。転じて、つきっきりでやらねばならない(引き継ぎなどの)業務のこと。
トラック在庫
トラックざいこ
(会社の経理や会計において)配送中で相手に売り渡していないため、在庫としてカウントされるべき商品や製品のこと。
大谷石
おおやいし
宇都宮の大谷町のちかくで採掘される(やわらかくて加工しやすい)石材のこと。
背脂チャッチャ系
せあぶらチャッチャけい
(ラーメンのスープにコクを出す目的で)煮込んだ豚肉の背脂を振り入れたラーメンのこと。
YMYL
ワイエムワイエル Your Money or Your Life, YMYL
Googleが定めるウェブサイトのガイドラインのひとつで、お金や人生(幸福・健康・経済的安定・安心)などに関するもののこと。
リピートゲスト
repeat guest
(お店などの)常連のこと。
シリアル化
シリアルか serialization
順番に並べること、あるいは連載にすること。
プレゼンティーイズム
presenteeism
会社に出勤自体はしているけれど、心身の都合上、パフォーマンスが出せない状態になっていること。
おしゃれ着洗い
おしゃれぎあらい delicate wash
洗濯機の通常のコースでは傷んでしまいそうな繊細な衣服を、傷めないように洗うこと。転じて、衣服を丁寧に洗うこと。
ブレイゾン
blazon
旗や紋章(もんしょう)のデザインを正確に説明するときに用いるとくべつな記述のこと。
宵っ張り
よいっぱり
夜更かしすること。
画業
がぎょう
絵をかく仕事のこと、あるいは画家の業績のこと。
斗瓶取り
とびんどり
米・米麹(こめこうじ)・水を発酵させてできた醪(もろみ)を袋に詰め、重みだけで絞り、斗瓶という容器に(すこしずつ)あつめる日本酒のつくりかたのこと。
モット・アンド・ベイリー
Motte and Bailey / motte castrale
囲うように地面を掘って周りにくぼみを用意し、掘った砂で人工の山を築くシンプルな城のつくりかたのこと。
フライタークの三角形
Freytag's pyramid
フライタークが考案した(悲劇の)物語の展開テンプレートのこと。
デボネア
debonair
愛想がよくて明るいこと。
チャタリング
chattering
スイッチなどを押したことによってオンとオフを切り分ける部分の接点が(なにかしらの原因で)こまかく振動してしまい、誤作動をひきおこすこと。
グリット
grit
やり抜く力のこと。
プレタポルテ
prêt-à-porte
(特注ではないが)高級な服のこと。
フィンガープリント
fingerprint
(もとは指紋のことで)デジタルコンテンツがおなじものであるかどうかを確かめるための、一見するとめちゃくちゃな値のこと。
マイペンライ
ไม่เป็นไร / no problem
(タイ語で)とくに問題ないこと。
擬制
ぎせい
(未成年者が結婚したことで成年とおなじ扱いになるように)実際どうであるかはおいといて、法律上ではおなじであるとみなすこと。
スタイ
sty / haklapp / baby's bib
(商品名が転じて)幼児のよだれかけのこと。
ビジ館
ビジかん
同朋舎(どうほうしゃ)から出版されている『ビジュアル美術館』シリーズのこと。
神は乗り越えられない壁を与えない
かみはのりこえられないかべをあたえない
(本来の意味とはかけ離れた日本独自の教訓として)困難から逃げてはいけないということ。
トマソン
Thomasson / Hyperart Thomasson
(不動産に付属している)なんの役にもたたないもののこと。
アイリー
irie
(パトワ語で)しあわせで最高であること。